外国人労働者のパスポートを強制的に取り上げる事案について

11月上旬に報道されましたが、神奈川県横浜市にある「アドバンスコンサル行政書士事務所」(代表者:小峰隆広氏)で働いてた30歳代のフィリピン人女性(以下、Aさん)が、会社にパスポート、卒業証明書、そして成績証明書を取り上げられ、返還を求めても拒否されるという事案が発生しています。

Aさんは、今年6月にPOSSEが行った「ホツマインターナショナルスクール」の裁判の記者会見報道をフェイスブックで見て、相談に来られました。

外国人労働者にとって、パスポートは文字通り命の次に重要なもので、これがなければ、転職することも日本から出国することもできません。この会社には、最初からそのような意図があって、パスポートを預かっているのだと考えられます。

このような重大な人権侵害が日本には蔓延しています。

2020年1月16日、パスポートの返還や未払い賃金の支払いなどを求めて、横浜地裁に提訴しました。

詳細は右のクラウドファンディングサイトをご覧ください。

Aさんが実際に会社と結んだ「パスポートの監理に関する契約書」。

乙:Aさん/甲:会社

●ニュース報道

2019/11/4

東京新聞:外国従業員の旅券取り上げ 横浜の行政書士、返還拒む

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019110401002172.html

2019/11/5

東京新聞:外国人旅券職場で管理 帰国も転職も阻む「不当契約」 横浜の行政書士事務所

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019110502000104.html

クラウドファンディングで裁判費用を集めています。パスポートを取り上げられたフィリピン人当事者は、新しい仕事に就くことすらできません。ご理解、ご支援いただけると幸いです。

Copyright ©POSSE. All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • WEBサイトアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now